人生で一度は体験するであろう「賃貸物件探し」。
 暇なときにパソコンやスマホで色々な物件を探したりしたことがありますよね?
 今回はそんな物件探しが好きな方から​今まさにお部屋を探されている方にも使えるマメ知識を一部ご紹介いたします。
《マメ知識その①》初期費用の概算方法を知る!
お客様がいつも悩まれる要因の1つが「入居前に支払う初期費用(契約金)がいくらなのか?」ではないでしょうか?
正直、探す地域や不動産会社、契約条件によって初期費用の金額や計算は変わってきます。しかし概算=おおよその金額が分かるだけでも物件探しには大きく役立ちます。
月額賃料 × 4~5ヶ月 = 初期費用(契約金) ※あくまで概算です。
とても簡単な計算式ですが、これでおおよその金額が出せます。
細かい金額や内訳が知りたい場合は、直接お見積りを依頼されるのが一番です。
《マメ知識その②》物件を内見する場合は1日3件まで!
貴重なお休みを使い物件を見に行かれるケースがほとんどでしょうから、その1日でどれだけたくさん物件を見られるかが勝負!とどうしてもなりがちです。しかし、実際に1日5件も10件も物件を見ていますと、ほとんどの方が最初の方で見た物件を忘れてしまいます。これだと見比べることが出来ず、逆に迷ってしまう原因の1つです。
そこで私たちがいつも言うのが「内見は1日3件までがベスト!」です。初めて見る物件ですから、だいたい4件目くらいから印象が薄れてくる傾向にあります。
でも貴重なお休みを部屋探しに使われているのですから、3件では少ない気もするのは確かです。
そこで次のマメ知識をご覧下さい。
《マメ知識その③》部屋探しの譲れない条件を4つ程にしぼり探す!
むやみやたらと部屋を探してもたくさん内見しなくてはいけないですし、条件を絞り過ぎても今度はなかなか見つかりづらくなります。
そこで「どうしても譲れない条件を3~4つ程に絞る」ことで内見するには程よい件数まで絞られるので、「1日3件の内見」がより良いものになります。
またご自身で事前にネットなどで探される場合も、現在該当する物件があるかないかを早い段階で見極められるので、部屋探しに疲れずに済みます。
《マメ知識その④》ご自身が理想とする生活空間をイメージして!
お部屋を探された際に、ご希望の条件に合う物件がいくつか出てくる場合があります。その中から1つを選ぶ時、どうしても家賃や初期費用の安さ・部屋の広さ・設備の充実さなどで決定してしまうかと思います。それもとても重要です。しかし実際に物件を内見した時「ん~何か違う気がする?」みたいな感覚を味わったことはありませんか?私たちはそれがとても重要だと考えています。
現在のお住まいにある家具や備品をどこに配置したらいいのか、生活する上で気になる点はないかなど内見をしながら頭でイメージして頂くだけで「条件が良くてもご自身の生活スタイルに合わない部屋」「条件は少し下がるがご自身の生活スタイルにとても合う部屋」を見極めることが出来ます。
※上記内容はあくまで弊社の考えです。
※上記内容は不動産会社によって案内が異なる場合があります。
​お 部 屋 を 借 り た い 時
Rent a room

0979-22-9880

 電話でのお問い合わせ

 八面山から見た中津市の風景

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now