人生に一度はマイホームを持ってみたいものです。そんな時に一番悩むのはやはり「中古物件」と「新築物件」のどちらを選ぶのかだと思います。正直、ほとんどの方が新しいか古いかくらいの違いしかわからないのではないでしょうか?
どちらを購入されるにしろ絶対にメリット・デメリットが存在します。その部分を知り、ご自身のイメージプランにあった方法を選ぶのが最良です。
● 中古物件の特徴 ●
【中古物件の一例】
・固定資産税が安い。(メリット)
・購入価格が安い。(メリット)
・ご自身の好みに合わせてリフォームが可能。(メリット)
・イメージに近い物件が見つかりづらい。(デメリット)
・築年数があり建物が古い場合が多い。(デメリット)
・建坪や建物の配置、敷地面積がすでに決められている。(デメリット)
・間取りがある程度決められている。(両方)
中古物件の場合は、上記内容をうまく組み合わせてイメージプランを作成されるのがポイントです。
例えば・・・
土地建物合わせて500万円程の中古戸建物件を購入。
1500万円程かけて内外装すべてフルリフォームをする。(間取りも変更)
総額2000万円程で、中古物件は新築同然に生まれ変わる。
この際のメリット・デメリットの一例は以下となります。
・固定資産税が安いままで変わらない。(メリット)
・新築物件の平均購入額よりも多少安く済む(メリット)
・資金の使い道を自分でコントロールできる。(メリット)
・新築同然の建物に生まれ変わる。(メリット)
・内外装を自分のイメージに合わせて作れる。(メリット)
・既存の柱や基礎を使うため大きな間取りの変更が難しい。(デメリット)
・建物の坪数や状況によってリフォーム金額にむらが出る。(デメリット)
・リフォームのデザイン計画に時間を要する。(デメリット)
上記のように中古物件においては、いかに安く物件を購入し、どのくらいまでリフォームをするのかで大きく変わってきます。また内装・外装を新築同然にリフォームをしても固定資産税が変わらないというメリットは大きいかと思います。ただし、中古物件をすべて取り壊し立て替えた場合は新築と見なされ固定資産税が変わりますので、ご注意ください。
● 新築物件の特徴 ●
次に新築物件のメリット・デメリットをご紹介致します。
【新築物件の一例】
・建物や外講など全て新品。(メリット)
・坪数が小さいものだと低予算に抑えることができる。(メリット)
・土地を探すだけでいいため、実行しやすい。(メリット)
・固定資産税が現在の価格=高い。(デメリット)
・低予算で抑えた場合、規格やデザインがすでに決まっている場合が多い。(デメリット)
・建物の品質にもよるが、新築物件は完成後から価値が下がっていく。(デメリット)
・建築期間がかかる。(デメリット)
新築物件の場合は、新しいお家やお庭などで暮らせるのが一番のメリットとなります。あと、地域や土地面積、建坪や建物のデザインなどにこだわりがない方ですと、低予算で購入できる場合があります。
しかし、固定資産税も現在の価格が設定されますし、建物の品質によって異なりますが新築物件は完成直後が一番価値があり、あとは年々価値が下がる形式です。またこだわればこだわるほど、かなりの予算が必要となります。
ただ、やはり「新築」というブランド力やステータスは他にないものですので、予算や建築内容などを十分に計画し時間をかけて慎重に実行することがポイントです。
※上記内容はあくまで弊社の考えです。
※上記内容は不動産会社によって案内が異なる場合があります。
​中古物件 と 新築物件 で 悩んでいる時
Used & New

0979-22-9880

 電話でのお問い合わせ

 八面山から見た中津市の風景

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now